黒ずみの関連

1 3月 , 2017 未分類

ひざの黒ずみは、ひざが汚れているわけではありません。
ライフスタイルにおいてひざにスレなどで刺激を与える結果シミして黒ずみを作ります。
ひざなどの関節部分は、ウェアと擦れ易く常に負荷にさらされているからだ。
ひざだけではなく、ひじも同様です。
同じように曲げ伸ばしを頻繁に行なう位置で、ウェアとのスレの他にもひじを付くなどの実践によって負荷を受けやすい所だ。
頬杖をよくする他人はひじに黒ずみができ易く、立てひざをよくする他人はひざの黒ずみができ易いだ。
こんなやり方を直すことも黒ずみを予防する上で要だ。

ひざのくすみ、ひじの黒ずみができる背景をまとめると次の3つになります。
1つ目は「スレ」。
ウェアとこすれる結果生まれるスレ、フロア、テーブルなどとこすれる結果出るスレ。
化学繊維のウェアはスレを起こしやすい結果、綿品質の表皮にやさしいウェアをはおることをおすすめします。
またウェアをきる前に、ひじ、ひざへ胴体クリームをひと塗りしておくとかなりスレを防ぐことができます。

次は「緊張」。
ひざ、ひじは普段からテーブル、フロアに押しつけることが多い結果緊張を受けます。
そのためスキンの角質が太くなります。
角質が分厚くなると表皮が乾燥しやすくなって、表皮のくすみ、黒ずみが引き立ち易くなる。

3つ目は「乾き」。
角質が太い結果乾きしやすい上に、もともとひざやひじは皮脂腺、汗腺の安い位置なので乾きしやすいだ。
皮脂などによって潤いのある表皮だとスキンを保護することができます。
但し乾燥しているとスキンのバリアー規格も弱くなり、損傷を受けやすくなる。

黒ずみが望める背景を解る結果、できがたい風土づくりをすることができます。全身脱毛するならキレイモ


Comments are closed.