ほうれん草を使ったレシピ

11 10月 , 2016 未分類

ほうれん草は、冬のほうれん草のほうが栄養分価が厳しく、夏場のほうれん草に比べて、ビタミンCは3ダブルも数多く含まれています。
食物繊維の他に、鉄、カロチン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、マグネシウム、銅が含まれています。

『ベーコンとほうれん草の豆乳のキッシュ』
赤ん坊のおやつにもちょうどいい計画だ。
材料(4人様当たり)
ベーコン 4枚、玉ねぎ 1/2個、ほうれん草 250g、食い分記録(冷凍)2枚、サラダ油 大さじ1/2、豆乳 1カップ、卵2個、経路チーズ 100g、醤油 大さじ2、こしょう 少々、ナツメグ 少々、オールスパイス 少々
(製法)
1.ベーコンは1mm範囲、玉ねぎは薄切りにします。
2.ほうれん草は、塩分少々(個数出先)を加えた熱湯でゆでて、水に取り、4cm長さに切って叱る。
3.卵を溶き、豆乳を取り混ぜ、1cm角に切ったチーズを付け加えます。
4.食い分記録は食い分皿に敷きます。
5.フライパンでサラダ油とベーコンを炒め、玉ねぎを加えてしんなりしたら、ほうれん草と、醤油、こしょう、ナツメグ、オールスパイスを加えて混ぜて火を閉め、3とあわせます。
6.4に5を注ぎ、200℃のオーブンで10当たり、160℃に下げて30当たり焼きます。冷めたら、食べやすく切ります。

『ほうれん草のおひたし』
健康で、お弁当の副食にもピッタリのレシピだ。
材料(4人様当たり)
ほうれん草 1わ、塩分 小さじ2、旨味瞬間2カップ、薄口しょうゆ 小さじ1、酒小さじ1、かつお節 適量、しょうゆ 少々
(製法)
1.鍋に水を入れ、火にかけ沸騰させておきます。
2.ほうれん草を水でかわいく洗い、鍋に根のクライアントから入れます。
3.ほうれん草がゆであがったら、冷水に入れて冷やします。
4.水をよく絞り適当な長さに切ります。のち、醤油で流し、又可愛らしく絞っておきます。
5.旨味に香味料を入れ最初煮立ちしたら、火を終わり冷ましておきます。
6.冷えた旨味にほうれん草を味わいがしみるまで漬けておきます。
7.味わいがしみたら器物に盛り、かつお節をかければ出来上がりだ。腕脱毛のお得な脱毛キャンペーン


Comments are closed.