無用毛髪とホルモン

10 7月 , 2016 未分類

元の木阿弥髪の毛が人体にあると、抜毛したいと思うのが奥様心的だと思うのです。「こんな元の木阿弥髪の毛無ければいいのに」って思った点たくさんあると思います。奥様なのに毛深いとか耐えるクライアント、パパの場合でも元の木阿弥髪の毛と言うよりは髪の毛が無いとかで耐えるクライアントとかいると思います。こういう様になって仕舞う理由としては「ホルモン」が関係していると言われています。

先ずは「奥様ホルモン」に関してですが、奥様ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」という二つのホルモンがあります。パパホルモンには「テストステロン」というホルモンがあります。これらのホルモンはみなさんパパのうり、奥様のうりに関して成果を現す性ホルモンになっています。こういうホルモンが残る事によりロマンスに興味を持つようになったり、その感触に対して反応したりする使途が出てきます。男性にはパパホルモンしか弱いとか女性には奥様ホルモンしかないとかという事はなく、男性にも奥様ホルモンがありますし、女性にもパパホルモンがあると言われていますがその配分的には個人差が起こる様です。パパホルモンが多いから禿げてしまうとか、濃くなってしまうとか、奥様ホルモンが多いから嵩が目立ち易いとか色々あると思います。

こういうホルモンにより元の木阿弥髪の毛の濃さや嵩周辺が影響して来ると言われているのですが、パパホルモンや奥様ホルモンが比較的多いと元の木阿弥髪の毛が濃かったり多かったりする可能性が高いのですが、一概にこれだけが関係とも言えない様です。但しホルモンが影響しているのは間違いないと思います。ミュゼ 吉祥寺店口


Comments are closed.